剱岳の思い出

2015.11.21 Saturday

0
    その山をみると何だかとても懐かしく、直覚的に繋がってると感じさせられる山がある。
    その山の一つが剱岳である。



    時々TVの山番組で剱岳の雄姿を見るとその中に自分を投影し共鳴しながら融合する感覚となり、何だかすごく愛しく感じる。

    そんな兄弟のような剱岳に初登頂したのはH26.9.14だというのに何だかもう遠い昔の様な気がする。

    剱岳(つるぎだけ)は飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰にある標高2,999 mの山。
    日本百名山で日本では数少ない氷河の現存する山で、最終氷期に発達した氷河に削り取られた氷食尖峰でその峻険な山容は岩の殿堂ともよばれ登山家の憧憬の的である。

    日本では最も危険度の高い山といわれる様、一般ルートが、一服剱 - 前剱 - 本峰の間で、岩稜伝いの鎖場やハシゴのルートになることによる。


    カニのタテバイ

    カニのヨコバイ


    剱岳の登山の歴史は1907(明治40)年に陸地測量部が登頂した事は劔岳 点の記でも知られるようになったが、その際に山頂では奈良時代後半〜平安時代初期に作られた鉄剣と銅の錫杖が発見されている。剱岳は古来から立山修験と呼ばれる山岳信仰の対象であった。

    剱沢小屋からの剱岳(一服剱・前剱を経てカニのタテバイ・ヨコバイを通り山頂へ)


     
    コメント
    キレイな写真ですね~
    剱岳はasaさんにとって思い入れの深いお山なんですね~(*´∇`*)

    氷河の現存する山なんですか~(‘0’)ヘェ~スゴイ~


    すごい人ですね!びっくりですよ~(;゚∇゚)
    しかもこんな急なとこを登るんですか!!(@_@)ヒェ~
    また行かれる時は気をつけて下さいねヾ(^^ )


    私はカニパイでも食べるバイ♪
    でもカニパイないから
    チョコパイでも食べるバイ♪
    ではバイバイ(^_^)/~~


    • by おさるさん☆
    • 2015/11/22 7:55 PM
    @おさるさん☆
    剱岳はやはり期待していた通りの"何か"がありました(^o^)/
    "何か"は感覚的なものですから言葉で翻訳できません。

    登山家にとり、剱岳は聖地的な場でした。
    そこには山や自然への畏敬、敬愛、尊重があったのではと…
    僕が見た剱岳の登山者に其れが感じられなかったのは残念でした。

    山や自然を尊重し共生・共栄して行けたらとの思いです。(*^o^*)
    • by asa
    • 2015/11/22 11:38 PM
    コメントする