足のゆがみとリンクする体のゆがみ 2

2015.11.25 Wednesday

0
    前回の記事では足のゆがみ調整を足の関節(MT関節)で行う方法を紹介しました。
    足は体を支える土台と言いましたが、体を安定的に支えるには関節(骨)だけでなく筋肉の作用も重要となります。


    資料:ストレッチングと筋の解剖 南江堂
    姿勢制御といい、例えば立位で体が前に傾けば後ろのふくらはぎの筋肉が働き前に傾くのを防ぎ、後ろに傾けば前のすねの筋肉を働かせて傾きを防ぎます。この様に筋肉は安定的な姿勢を維持するように微調整しながら働いているのです。
    体が前に傾くと後ろのふくらはぎの筋肉が支え後ろに傾くと前のすねの筋肉が支える



    筋肉には筋紡錘、腱紡錘という感覚受容器があり感覚情報により自動的に筋肉を収縮させたり弛めたりしています。

    しかしながら現代人は足を使う機会も減っているので、歩く・運動するという事を意識的に行はなければますます脚の筋肉の弱りが体のバランスの崩れにもつながり、この負のスパイラルが脆弱・病的な肉体の温床にもなっていきます。

    ちなみに足部のひずみから連鎖しながら背骨・脳にも影響するといいました。
    背骨は脊髄神経のほか自律神経系(内臓神経)の経路でもあり脳脊髄液の流れもあるので内臓や脳にも大きく関係しています。




























    資料:人体の正常構造と機能 日本医事新報社・脳の事典 成美堂出版
    この様に背骨は体を支え、体幹の運動、脊髄の保護、内臓や脳の健全化のためにも大変重要な機能を果たしているのです。

    足の筋肉強化運動はコチラhttp://www.facebook.com/あさくら接骨院-499670526867241/
    コメント
    負のスパイラル~\(>_<)/
    怖いですね((( ;゚Д゚)))

    そうですよね~
    意識的に運動しないと筋力よわっちゃいますよねf(^_^;
    わかっちゃいるけどなかなかf(^_^;
    仕事の日、朝から万歩計つけて1日の歩数をはかってみたことあるんですけど2000歩も歩いてなかったですよ(;´д`)
    • by おさるさん☆
    • 2015/11/26 11:12 PM
    @おさるさん☆
    私たちの仕事も変わりませんよ!
    院内の仕事ではほとんど歩数は上がりません。(^^;;

    その代わり山やジムでランして補っています。
    有酸素運動を意識的に取り入れないと一気に脂肪君が
    体内に忍び込みますから(⌒-⌒; )
    • by asa
    • 2015/11/27 1:16 AM
    先日テレビで アンデス山脈の高地4000メートルの山々で住んでる人を見ました。急な坂をサンダルで上り下りしてました。

    都会に住んでる人とは日常の足の使い方が違うよなとつくづく感じました。

    退化しないように効率よく鍛えねば^m^
    • by パイセン~>゜)〜〜〜
    • 2015/11/28 10:53 AM
    @パイセンセンパイ
    先生のところの様に真剣に足の研究と臨床に取り組む事で
    足の運動メカニズムからいろいろな気づきや発見も多いのでは?

    足の効率的な使い方は、私の場合はジムのランニングマシンで
    足を意識しながら足の効率的使い方を体感したり山歩きでも同様
    によく足を意識して歩いています。

    意識を置くところにEgが集積されるので先生も鈴鹿100回登山で体感し
    臨床に活かしその分野において至高のスペシャリストになってください。
    (^^)/~~~
    • by asa
    • 2015/11/28 11:15 AM
    コメントする