ペンフィールドマップ(脳地図)からひも解く脳活性

2016.01.27 Wednesday

0

    脳神経外科医であるペンフィールドは、癲癇患者の手術際に切開した脳に電極を当て、脳細胞に電気刺激と患者の反応を観察しました。 これが、有名なペンフィールドの実験です。 この実験により脳は各部位で分業しており、それぞれの脳部位とそれにつながる全身の体部位は対応関係にある事を確認することが出来たのです。

     

    大脳皮質の運動野と感覚野には体の各部位に対応する領域があり、例えば手の動きに関わる部位の大脳皮質を損傷すると手が動かなくなり、親指につながる大脳皮質感覚野に電極刺激を与えると親指がビリビリと感じたりします。

     

    ペンフィールドマップ

    ペンフィールドはヒトの大脳皮質を電気刺激し、運動野や体性感覚野と体部位との対応関係をまとめた。皮質上の身体部位の図の大きさは、その部位を司る大脳皮質の面積に比例している。

     


    上の図の脳断面が脳の運動野と感覚野の部位から、それに対応する身体部位です。身体の大小の図はその部位を司る大脳皮質の面積に比例しています。

    左右の(エイリアン?ヒト)とも手、手指、顔、口、足などはその部位にしめる大脳皮質の面積の割合が大きい事がわかります。それだけ脳のつながりが大きいともいえます。

    例えば、よく噛んで食べる(咀嚼運動)事も、顔をマッサージしたり手入れする事やよく笑う事も、手指や足趾を使う運動やマッサージ等はペンフィールドマップからみれば理にかなった脳活性なのです。

    ホルムズ君を参考に脳活性化してみては? (^◇^)


     

    ペンフィールドマップの関連ブログ

    体で覚える記憶法2    

    パタカラを使う脳活性

     

    HP            

     http://www.asa2000.info/
    Face book

    http://www.facebook.com/asa2000blue/

    コメント
    ホムンクルスというんですか?
    めっちゃインパクトありますね!!

    おいおいf(^_^;
    手~おっきすぎだろ?( ̄▽ ̄;)
    とつっこみたくなりますが
    それだけ脳との繋がりがあるということですね~(*^.^*)
    • by おさるさん☆
    • 2016/01/28 4:52 PM
    @おさるさん☆
    ホムンクルスくん、手指メチャデカすぎですよね〜
    唇もいかりやさん張りだし!( ゚д゚)
    パタカラと言って口唇筋力を鍛える医療用器具で噛む事で表情筋(顔面神経)
    を鍛える器具なども売ってますヨ(^O^)脳活性化!
    • by asa
    • 2016/01/28 5:47 PM
    またまた、勉強になります<(_ _)>

    この人形欲しいですね!探すの得意ですから、見つけます。

    あさくら隊長も一体いかがですか(^_-)-☆
    • by paisenn ~>゜)〜〜〜
    • 2016/01/29 1:55 PM
    @パイセンセンパイ
    ホムンクルス君人形、シリコンか何かで作って見ようかと思いましたが脳面積と身体割合が分からないのでちょっと無理でした。

    牧商で探してみて下さい。(-_^)
    • by asa
    • 2016/01/29 8:26 PM
    ペンフィールドマップなど身体の解剖・生理に詳しい浅倉先生が、
    将来開催されるであろう登山ツアーは、
    参加するだけで心身共に健康でハッピーになりそうですね♪(^^)v

    今回の記事を読み、ポールを衝いて登山する事は、
    脳の活性化に関して良いのかも知れないぞ・・と感じましたd(^^)q..
    • by りんご探検隊長
    • 2016/01/30 6:30 PM
    @りんご探検隊長
    ナイスな、ご意見!
    その通りデスね^_−☆

    脳マップでは運動野の手指の割合は
    感覚野以上に大きいし、ポールを持
    って歩くと足指、手指両方から運動野
    入力があるのですごい脳トレになりま
    すよね!

    後、ポールを突き歩くことで下半身だけ
    でなく上半身の筋トレにもなるので筋
    バランス的におすすめします。*¥(^o^)/*
    • by asa
    • 2016/01/30 8:50 PM
    コメントする