2016 竜ヶ岳 雪山へ 2

2016.02.26 Friday

0
    遠足登山道から10分くらい歩いた所らへんで、恐れていた両足の踵が痛くなり始めた。冷や汗
    昨年暮れに北八ヶ岳で同部位にひどい靴擦れをおこして皮膚がめくれ大変な思いをした。こうなると痛みで登山どころでは無い。悲しい




    この日の靴は雪山専用に使っていてアイゼンが装着できる仕様なので便利なのだが、イタリアのメーカーの物の為にwidthといって横幅が日本人には狭い。それでもこのメーカーの最大の横幅のものなのだがwidth4Eの私には3Eは狭い。雪山用の靴はアイゼンを装着する関係で、どのメーカーも3E位が最大で足の変形とwidthの広い私は靴選びが大変に難しい。特に雪山用の靴は5〜7万位の高額で購入に失敗は許されないが足部変形+幅広の私に合う靴が無い!

    width=横幅 レングス=足長


    しかし日頃、自分が仕事にしている足部の治療や歩行指導、足底板作製などにこの経験は大いに生かされている。

    靴自体が自分の足に適合していないと足の変形はもちろんだが、足→膝→股関節→骨盤→背骨→脳へと負の身体連鎖が生じ全身のバランスが崩れたり、背骨や関節の歪みや障害が発症したり、自律神経を狂わせたりと全身に様々な悪影響を及ぼす引き金にもなる。


    私の足 widthが広く、足が内側に変形する前足部内反変形
    このため踵の外側が靴と衝突する



    すぐさま立ち止まり靴擦れ防止処置を施してリスタート!



    約半分くらい登ると急に視界がひらけ東に大日向がみえる。通年であるならこのあたりから積雪が増しアイゼンに履き替えるのだが今年はこのあたりでも積雪どころか雪も無い!

    H27.1.11 大日向分岐             H28.2.24 大日向分岐


    先に進むとヤセ尾根のガレ場があり、積雪期は慎重に進まなと滑落の危険場所なのだが今年は積雪が無いので割と楽に通過した。

    御在所方面


    さらに進むと竜ヶ岳が突然その姿を現した!いつ見てもこの山はとても絵になる山で思わず昨秋来の対面に思い切り両手を振って再会を喜び合った!

    H27.1.11 竜ヶ岳(奥)


    H28.2.24  竜ヶ岳(奥)


                                      つづく
    コメント
    やはりBC穂高に行くしかなさそうですね。

    移動手段としての足は生命線ですね!

    車も含めて(ノ・Д・)ノ
    • by みだい兄さん
    • 2016/02/26 5:39 AM
    あらま!去年の写真と比べると
    ほんとに雪がすくないですね~(@_@)

    靴擦れ痛いですよね~(>_<)
    応急処置してその後大丈夫でしたか?

    今回はasa画伯の登場ですね♪(*´艸`*)
    • by おさるさん☆
    • 2016/02/26 6:57 AM
    @みだい兄さん
    BC行こうと思ってますヨ(^ ^)
    どうせ行くなら西穂高、奥穂高に行く時に!

    scarpaは良い靴とは思いますがわたしの足には合いません(´・_・`)

    靴合わないと山登りが苦行になりますからねー(>人<;)
    雪山での停滞は命にもかかわりますし!

    北八ヶ岳下山後、兄さんには山梨のモンベルショップに
    連れてってもらいましたがモンベルのも合わない感じでした。

    ローバーしかないかなぁ?
    • by asa
    • 2016/02/26 7:58 AM
    @おさるさん☆
    大晦日、兄さんと行く北八ヶ岳雪山トレッキングツアーでは12kmくらい歩きましたが両足踵の皮膚が剥け出血し悲惨な状況でした。( ; ; )

    応急処置は絆創膏包帯しテーピング固定しましたので皮膚は擦り剥けずにすみましたが、歩行時の痛みはありました。

    足をかばい歩くと歩行バランスが崩れ、代償作用で膝や腰、体幹、上半身にも過負荷がかかりやすくなりなり別の身体部位の障害の原因にもなります。

    おさるさん☆もりんご先生に歩行チェックしてもらい身体の使い方のクセを見てもらうとイイですよ。(^ ^)

    イラストは将来ズラズラ草、執筆に向け勉強してます。まだ幼稚園レベルですが!σ^_^;
    • by asa
    • 2016/02/26 8:17 AM
    コメントする