アーユルヴェーダを応用したストレス緩和・・・感性を磨く 1

2016.03.08 Tuesday

0
    アーユルヴェーダと言って、(aayus/生命)+(veda/知識、学問、真理)にかかわるインド・スリランカにおける伝統医学があります。

    アーユルヴェーダは、自ら自身の心と身体の状態を知り心身共に調和のとれた健康的な生活送る事を主目的とした医学で、病気治療はもちろんですが心身の健康を維持し病気を予防する「予防医学」の側面も大切にした生命医学でもあります。

    アーユルヴェーダの基本概念に五大元素と言うものがあります。
    宇宙・万物のすべてはこの五大元素から成り立っていて、五大元素とは「地・水・火・風・空」を言います。



    宇宙の始まりはオームという微細な振動からはじまり、そこから空が生じ、そこに動きが加わり風を生じ、そこから激性(熱)が加わり火を生じ、さらに重性の水を生じ、さらに暗性の地を生じた、これがアーユルヴェーダの宇宙生成の概念です。

    この五大元素はあらゆるもの、肉体、心、物質、目に見えるもの、見えないものすべての構成元素であると言う事がアーユルヴェーダの基礎となるわけです。

    私たちの体・心の基礎となっている五大元素からエネルギーが生じ様々な生命現象を生み出しているのです。

    2月22日の
    思考を止考させる方法 2 思考から感性への転換で話しました瞑想の方法の一つとしてこの五大元素エネルギーを感じる訓練をすることで、思考優位な頭を感性の方向へシフトさせて思考を止考し精神的なストレスの耐性と解放をしていく事が今回のブログのテーマです。

    東風返し より


                           つづく

     
    コメント
    来ましたね(*^_^*)

    隊長の真骨頂、深く入っていきますね。

    感性の世界が広がります(^_^)

    目覚めよ、未知なる宇宙へ★
    • by paisenn ~>゜)〜〜〜
    • 2016/03/08 11:51 PM
    @paisenn(^^)/~~~
    センパイもウロコ、いやいや肌で感じながら

    読み進めて下さい。( ´Д`)y━・~~
    • by asa
    • 2016/03/09 12:12 AM
    コメントする