地・水・火・風・空 ・・・ 感性を磨く  2

2016.03.09 Wednesday

0
    五大元素はあらゆるものの構成元素であり肉体・心の基でもあります。

    五大元素との関連
    五大元素 物質 感覚 行為 機能 イメージ
    エーテル体 耳(聴覚) 声帯 話す 広大な空間・宇宙空間などのイメージ
    ガス 皮膚(触覚) つかむ 風をイメージ
    気体 目(視覚) 動く 太陽・炎など暖かさをイメージ
    液体 舌(味覚) 性器 産む 海・川・雨など水をイメージ
    個体 鼻(嗅覚) 肛門 排出 大地・土をイメージ

    上の図が五大元素と関連している物質、器官、機能です。
    最後のイメージが五大元素の性質で、このイメージをもとに感じる訓練をします。

    楽な姿勢で背骨を伸ばし地元素から順番にイメージしていきます。

    地元素…大地、土、山などをイメージしその場に立っている、または触れているイメージをします。
    水元素…海・川・雨など水に触れているイメージをします。
    火元素…太陽・炎を・火をイメージし暖かさを感じてみます。
    風元素…風をイメージし、風が皮膚にあたるのを感じてみます。
    空元素…広大な宇宙空間に漂っているイメージをします。


    五大元素イメージ


    この時、それぞれの元素の持つ性質をありありとイメージできる様に訓練してみましょう。大地に立った時の土の匂いや、土から伝わる足の裏の感覚、水の冷たさや清涼感、火の暖かさや温もり、五感を使うイメージでそれぞれの元素に触れたり、匂いをかいだり、その空間にある音や動植物の声を聞いたり、リアルに詳細なイメージをします。

    感覚は上行性伝導路といって五感・触覚・温冷覚・痛覚などの感覚を各感覚受容器から大脳皮質感覚野に伝えます。
    エネルギーの入力に相当します。

    五大元素を感じるとは、これらの感覚器をイメージしながら使い、脳へ五大元素のエネルギーの入力をしているわけです。脳ばかりでなく東洋医学的に言えば12経脈(全身の気の通路)すべてにEG補完をしています。

    五大元素とは体・心すべてを作っている基ですから、この元素を意識しながら入力していく事によりバランスよく必要なEGが心身にオートマチックに補完されていくのです。
    そして、感じることは思考を止考させる効果があるのです。


    恵那山 黒井沢


                           つづく

     
    コメント
    アーユルヴェーダについて
    あまり知らなかったので
    勉強になりました~v(´▽`*)

    楽な姿勢で地から順番にイメージするんですね!了解(^o^ゞ
    日常バタバタと1日が慌ただしく過ぎていくので目を閉じてイメージ・瞑想したら癒されそうです(*^.^*)

    asa画伯の作品がまた増えましたね♪(^_^)v

    そういえば…ブログの題名変わりました??
    • by おさるさん☆
    • 2016/03/10 12:04 AM
    @おさるさん☆
    瞑想は聖者や修行する人達の独壇場ではなく、一般の私達こそ行うと良い心の健康法です。♪(v^_^)v

    瞑想は思考を止め、様々な執着を手放し自己の心をコントロールする事により心の平安を獲得する方法です。

    難しい事では無く感性を育てるトレーニングなので楽しんで行って下さい。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    My feeling あいうえお→My sense いろはにほへと に変更しました。
    feelingは主観的に感じる意味合いが強く、senseの方が直感的な感性なのでこちらの方が合っているためです。

    あいうえお(50音)より、いろは歌の方が重厚があるためです。( ´Д`)y━・~~
    • by asa
    • 2016/03/10 1:05 AM
    コメントする