痛いの痛いの飛んでいけ〜・・・感性を磨く 9

2016.03.20 Sunday

0
    前回のブログでは恋が痛みを和らげてしまう恋のマジックのからくりを紹介しました。

    これは脳内オピオイド(脳内麻薬)が分泌する事で、痛みを脳(中枢神経)から→痛めた部位(末梢神経)へ伝わらないようにブロックしてしまう下行性抑制が働いたためです。

    子供が転んだり、ケガをしたりしたときにお母さんが ”痛いの痛いの飛んでいけ” といいながら痛めたところを擦ってやると子供は泣くのを止めて、また直ぐに遊びを再会する姿を体験したり見た事があると思います。

    この痛み止めマジックにも医学的な根拠があります。


    ”痛いの痛いの飛んでいけ” マジックは先ほどの恋マジックとは逆で、痛めた部位からの痛みを脳に伝えないようにする上行性抑制が働きおこる痛み止め効果です。

    剱岳



    痛みの刺激は、皮下にある痛みセンサー(自由神経終末)Aδ、C線維が痛み刺激で興奮し、痛みの刺激を脊髄→脳(視床)→大脳皮質感覚野に伝えて痛みを感じています。
    この痛みセンサー(自由神経終末)Aδ、C線維は、細く・脳への伝導速度は遅い特徴があります。


    ”痛いの痛いの飛んでいけ” では、お母さんが子供の痛めたところを優しくなでてあげる事が痛み止めの効果を出すカギ(key)となります。

    このなでると言う行為では、皮下にある触覚センサー(触・圧受容器)Aβ線維が撫でる刺激で興奮し、触覚刺激を脊髄→脳(視床)→大脳皮質感覚野に伝えて触覚を感じます。

    この触覚を伝えるAβ線維は太く(痛覚Aδ線維の約3倍)・脳への伝導速度が速い(痛覚Aδ線維の約4倍)特徴があります。

    感覚神経が同時に興奮(活動電位)した時、例えば痛みと触覚を同時に知覚した際には感覚優位の法則で、神経線維がより太く脳への伝導速度が速い感覚神経を優先させて知覚するメカニズムがあるのです。

    ちょっと難しいかもしれませんが、要はお母さんの
    ”痛いの痛いの飛んでいけ” はお母さんの手の刺激(なでる)が子供の触覚(Aβ線維)を刺激して、痛みの感覚神経・自由神経終末(Aδ線維)を感じなくさせ痛みを消失させていたのです。

    私たち治療家はこの感覚優位の法則を利用して、患者さんの痛みをとるゲートコントロールというマジックを使う事があります。

    ご自身の肉体の痛みにも使ってみてください。

    ”痛いの痛いの飛んでいけ”〜〜笑顔

    ゲートコントロールセオリー


                             つづく



     
    コメント
    痛みを脳に伝えるのより
    なでる感覚の方が早く脳に伝わるんですね~φ(..)ナルホド

    理論的な事は知らなかったですけど
    痛いの痛いのとんでけ~、
    はこざるが転んじゃった時とかよく使いました♪

    同じ理論かはわかりませんが
    こざる(♀)が寝るときに
    膝が痛くて寝れない~←成長痛??
    っていうときがよくあったんですf(^_^;
    よ~くなでなでしてあげると大丈夫でした(^^)
    一方、こざる(♂)は中2で180センチあり、ぐんぐん成長した時でも痛みはなかったみたいです(・。・)コジンサ?

    自分の痛みの時も
    痛いの痛いのとんでけ~
    使ってみますねo(^-^o)(o^-^)o
    • by おさるさん☆
    • 2016/03/20 8:50 PM
    @おさるさん☆
    人間の感覚神経のメカニズムは大変精妙で、痛みでも怪我をしたとき最初に
    「イタッ」と言う情報はAδ線維(fast)ペイン線維が素早くどの部位が痛いかなどの情報を脳へ伝えます。
    その後、「鈍い痛み」に変わりこれはC線維(slow)ペイン線維が持続的な痛み情報を脳に発し続けていきます。このC線維からの情報が慢性痛の痛みの正体です。

    成長期に起こる成長痛は、深部痛といい皮下組織の下の骨膜にある痛覚受容器によって引き起こされます。通常の怪我などの痛覚受容器(皮膚組織)より深い所のC線維が発火します。

    触覚を利用した痛みのコントロールは数秒で起こりますが、感覚順応と言うこれまた感覚神経の特徴から"慣れ"が生じ、そのうちに触覚刺激の効果が低下します。

    痛いの痛いの飛んでいけ〜〜は、怪我した直後は効くのですが慢性痛や心痛?
    などの効きは弱いです。

    しかしながらこの様な時こそ、智慧ある人は下降性抑制を使うのです。

    "愛を与える"事を通じて!(^O^)
    • by asa
    • 2016/03/20 10:44 PM
    コメントする