ロープウェイで登る入力登山 2

2016.04.06 Wednesday

0
    9時始発の御在所ロープウェは私以外の待ち人おらず、私と多分御在所の頂上で働いている人が2人、始発ロープウェイに乗り込んだ。ロープウェイ

    麓から5合目くらいまでは曇り、上は雨とガスで視界不良


    この日の天気と暮らす(山の天気予報)の予報だと日中いっぱいはお天気は持つB予報(A:登山日和 B:まずまず C:登山不適)だったのだがすでにロープウェイで5合目あたりを過ぎると雨、ガスで眺望がなくなった。

    ロープウェイの、全長2161m、高低差780m、所要時間12分の空中散歩はあっという間、山頂公園駅は雨とガスの中だったが山頂への遊歩道では下から登って来たであろう登山者数名とすれ違った。
    登山

    以前の私だと、ロープウェイ(御在所)で山頂に行くなんて事は(登山やってはいけない事:自分ルール)上位にランキングされていて、早朝から登って来たであろう登山者を横目に何だか後ろめたい様な(;´д`)トホホな感じがした。

    しかし今日は運動エネルギーを少しでも抑え、入力(感性・感覚)chargeするんだ、と気を引き締めて御在所山頂→武平峠に向かった。
    エネルギー

    頂上から縦走路の雨は小雨ながら断続的でしかもガスガス雲、上下レインウェアーを着込んでまさに五里霧中状態霧とならない様、地図・コンパス・GPSを確認しながら慎重に進む。



    さすがに御在所周囲の登山道は整備され迷う事は無いが、ガスで視界が効かないとそうも言ってられない。

    しかし、雨と雲の中を進む様なこの感覚はとても心地よく、霞を食べる仙人
    仙人にでもなった様な気分で、全身の細胞が清涼剤体美味しいでも注入された様に喜んでいる感じが伝わってくる。

    そういえば「水」
    水元素って、五感では味覚につながってるんだ、だから仙人は霞から入力(味覚)してお腹いっぱい腹にしてるのかな?
    なんて考えながら水元素
    水をいっぱい味わいながら歩いていた。

    岩屑が散乱とする中、アップダウンが続く






    武平峠への縦走路前半は花崗岩の巨石が散乱している


    岩稜のアップダウン、雨で一段と滑り易い


    鎌ヶ岳への中間点、武平峠(877m) 鎌ヶ岳、雨乞岳、御在所表登山道へつながる


                            つづく
    コメント
    運動エネルギーを抑えるために
    今回はロープウェイを使ったんですね(^_^)
    歩きとはまた違った景色がみれましたか~(*^.^*)?

    わたし、まだふらつきがよくならないので、もう少し五感を意識して生活してみます\(*⌒0⌒)b♪
    • by おさるさん☆
    • 2016/04/08 6:40 AM
    @おさるさん☆
    五感を肥やす意識は、出力優位の状態から入力するEGへ少しずつ変換させながらEGの入出力のバランスを回復させて行きます。

    出力過多状態が続いていると入力できるEG量も
    減ってしまうので、感覚・感性に意識を置く様
    な意識で入力EGを増やして行きます。

    何故なら意識を置くところにEGは集まるという
    EG特性があるからです。(*^◯^*)
    • by asa
    • 2016/04/08 11:31 AM
    コメントする