運動生理学からの熱中症対策

2016.07.05 Tuesday

0

    運動や作業をすると私たちのからだの中ではたくさんのエネルギーが発生しますが、このエネルギーのうち運動(仕事)に使われるのはごくわずかで残りの大部分が熱に変わります。

     

    この時、人体には体温調節機能が備わっているため、体温が上がり過ぎたときには自律神経の働きによって末梢の血管が拡張し熱をからだの外に放出し、同時に体温が上がったら汗をかき、その汗が蒸発するときにからだの表面から熱を奪うことで、体温を下げています。

     

    これが、夏山登山など高温や多湿の環境下と大きな運動量を要す程に、その代償として体内には膨大な熱が溜り易くなり熱中症のリスクはますます高まります。

     

    身体の中では産熱と放熱のバランスがとれています。産熱とは身体が熱を作る働きで、放熱は身体の外に熱を逃がす働きをいいこのバランスが崩れたとき、熱中症が起こります。(産熱>放熱)

     

    登山時を例に熱中症対策を考察してみます。登山中に体温上昇(オーバーヒート)を予防する最大の方法は水分補給なのですが摂取の注意点など説明します。

     

    ある実験で室温26℃、湿度70%、15kgのザックを背負う条件下で平均心拍数155拍(成人平均60~100)の運動強度で1hrの疑似登山をした際、1hrの運動で発生した全エネルギー806kcalの内、運動(仕事)に使われたエネルギー132kcal(16%)、熱に変換されたエネルギーが674kcal(84%)で全エネルギーの約8割以上が熱となります。この実験で1hr後の被験者の体温上昇は1.5度で、仮に運動で生じた熱がすべて体内にとどまったと仮定すると体温が12度上昇し死に至ります。人間の場合、体温42度になると死んでしまいます。

     

    この時、体温上昇を抑えるために絶えず熱を体外に放熱させていたのが(発汗)で、汗が蒸発するときに体からたくさん熱を奪って体温をさげているのです。

     

    では、登山時など運動量や運動強度が高いときなどはどれくらいを目安に水分摂取量を考えればよいのでしょうか?

     

    登山時の脱水量は季節、標高、行動時間、体重、荷物の重さ、など条件が違っても平均1hr、体重1kgあたり4~6gの範囲にあるデータがあります。

     

    この体重1kgあたり4~6gの脱水量を目安に、必要水分摂取量の求め方があります。

     

    脱水量(g)=4~6g×Xkg×Y時間 *夏場は6g目安

    例えば(脱水量)6g×(体重)60kg×(行動時間)7時間の場合、2520g(2.52ℓ)の脱水がおこると予想されるのでそれと同等の水分を補給することを心がけることで、熱中症のリスクが低下することになります。

     

    脱水量が体重の2%をこえると様々な熱中症症状(熱疲労・倦怠・頭痛・めまい・息切れ・吐き気・低血圧・筋肉のけいれん・血栓・むくみなど)が発生しやすくなります。

     

    なので脱水量が体重の2%をこえない量の水分摂取が最低限の必要水分摂取量となるのです。

    これは次の式で求められます。

     

    飲水量(g)=6XY−20X

    (脱水量)6g×(体重)60kg×(行動時間)7時間ー20×(体重)60kg=1320g(1.32ℓ)

    なので最低でも1.3ℓ以上の水分は必携です。

     

    さらに暑い時期の効果的な水分摂取は、

    [篆紂ΑΑ暑い時は冷たい水のほうが腸での吸収が早く、胃からも身体を直接冷やす。

    ▲好檗璽張疋螢鵐・・・大量の汗は水分とともに多量の塩分も失われるため、血中ナトリウム濃度が低下しないようにする。

     

    夕立(冷却)…自然の循環

     

     

    コメント
    日焼けに気をつけ、エネルギー補給に山に行ってきます。

    水分補給も気をつけ、ヒルにも気をつけます。

    先日サングラスも5年経つと効果が薄れていくとテレビで言ってました。

    時が経てば老化してしまうんだなとこんなことでも感じました。

    入力、出力をうまく保って、出来るだけ若々しく進みます^m^
    • by paisenn ~>゜)〜〜〜
    • 2016/07/06 1:41 AM
    @paisenn senpai(^^)/~~~
    肉体に気を配り確りとケアしていかないと
    どんどん劣化してしまいますからねー(u_u)

    水は人体の7割を占める構成要素だけに
    日頃から不足させない事は、人体を錆び
    つかせない事にも繋がりますよ!

    特に筋肉は多核細胞で意識・意志を持ち
    活動しているのでsenpaiの意識が反映し
    やすく磨き大切にケアして長持ちさ
    せてあげて下さい!♪(v^_^)v
    • by asa
    • 2016/07/06 4:15 AM
    コメントする