伊吹山 5  下りに起こる危険(アクシデント1)

2015.08.19 Wednesday

0

    山頂でランチタイム(コンビニ🍙)と散策を楽しみ、13時01分下山開始。
    バスが14時30分なので、下りは軽いトレラン状態走るで軽快にくだる。

    また、雪の季節雪に来ますと、伊吹山(さん)(^_-)-☆にあいさつし下る。おじぎ
       

                                  
     

    (下り)9合目からの山頂      (下り)5合目からの山頂   

    約1時間で1合目到着ロケット ここ1合目はパラグライダー空の講習が行われている。


     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     

    そして、事件は起こった。血



     

    昨年夏も、この1合目で登山初心者の方と同行して下りて来たのだが、その方はこの1合目で極度の疲労、足の痛み痛いで1歩も歩けなくなり1合目までタクシータクシーに来てもらい帰還した。伴っていた私も長時間の炎天下火のもと軽い熱中症症状で極度の頭痛頭痛と大変な思いをしたのだ。
    そんなよくないイメージがトラウマ考えるの様に蘇ったのか、今回もこの1合目標識を過ぎた辺りで激しく転倒転倒、両手を挫傷し血だらけに!血

    *やま塾 (登山転倒、転落、滑落、は下りで多発)塾
    登山事故の約5割が転倒転倒、転落転倒、滑落転倒である。その大半は下り坂で発生している。何故なのか?
    登山時に最も重要な役割をする筋肉が大腿四頭筋(ももの前の筋肉)ふとももである。大腿四頭筋は体の中で最も大きく・強い筋肉であり膝を伸ばしたり、股関節を曲げたりする下半身を支え動かす最も主要な筋肉だ!



    例えば☝の写真を登山下り時坂の脚と想定すると、筋肉は通常は縮む事で(収縮)☝写真・左脚(大腿四頭筋)の様にパワーを発揮するのだが、下りでは☝右脚(大腿四頭筋)の様に筋肉を伸ばしながら(伸張)筋肉のパワーを発揮させ体を支えなければならない。
    ☝右脚(大腿四頭筋)を伸張性収縮と言い、実はこのイレギュラーな筋肉の使い方が筋肉細胞を破壊する事となる。

    登山上りは上☝左脚の様な収縮させる筋肉を主として使うのであまり筋肉細胞を破壊する事は無い。つまり筋肉は伸ばされ(伸張)負荷がかかる事に大変弱いのである。

    また、下りは坂接地時に脚に体重の約2倍負荷がかかる。これは、ジョギング時走るにかかる脚の負荷と同じである。トレランで山を下るとは下りと、ランニング負荷の相乗で脚に負担がかかるのでダブルパンチパンチ、であるから余程脚力・筋肉を鍛えて無いと脚を壊してしまうので危険なのだ!危険

    以上の様、下りは坂筋肉の伸張収縮と接地時負荷の相乗作用で脚力低下を起こし体を支えきれなくなり転倒転倒が起こりやすくなるのだ。

    登山の疲労を連想すると、断然上り上が思い浮かぶのだがそれは体を持ち上げながら進むため筋肉筋肉がより大きなエネルギーを使う為、たくさんの酸素を必要とし心拍数が上がりドキドキ苦しくなったり辛いと感じる。下り坂は運動エネルギーをあまり消費しないので心拍数は上がらず苦しい等の辛さも感じないのだが、脚に負荷がかかり筋肉疲労が大きいのは断然下り坂なのだ。

    この事が、登山の下り坂上り上より身体を壊す、事故につながるリスクが高い理由である。

    下りのテク
    1.歩幅(ステップ幅)を短くする足
     普通に下る歩幅の半分の歩幅で下ると、接地時負荷(脚にかかる負荷)は半減する。通常40cmの歩幅なら20cmの歩幅で歩く。

    2.ストックを使う杖
     ストックを使い接地衝撃を腕腕に分散させて脚足への衝撃を減らす。

    3.荷物(ザック等)軽くする荷物
     当然下りでは、荷物重量も倍の負荷となる。

    5.体重の減量ダイエット
     体重が多ければそれに抗する筋力も必要である。抗する筋力がなければ当然関節にも多大な負荷がかかる!

    14時20分 登山口到着。やったー
    14時30分発 近江長岡駅行きバスバスに乗車する。

       It continues next time. 〜IBUKI 6〜 最終章


                          

     

    コメント
    2号目?までタクシーが来てくれるなんて
    奇跡の山ですねー (ノ゜ο゜)ノ
    • by みだい兄さん
    • 2015/08/20 7:59 AM
    @みだい兄やん

    その節は麓でタクシー手配していただきありがとうございました。m(._.)m
    タクシーが写真(1合目レストハウス)前に到着した時は、
    その場に休憩していた大勢の登山者からは奇異の視線を感じつつも僕も付き添い同乗しましたが、
    車に乗った途端に元気が出た様でタクシーの運転手とシャベリまくってました。(・・;)
    窮地に追い込まれた時の匿名の方のあの名言(迷言)は、未だ僕の心に響きます。
    (^◇^;)(爆)
    • by asa
    • 2015/08/20 10:11 AM
    ゴッドハンドは大丈夫ですか?(^o^;)

    浅倉先生に何かあると、
    全国一億三千万人のファンが悲しみますから(>o<;)
    • by りんご探検隊長
    • 2015/08/20 7:12 PM
    @りんご探検隊長

    右手の挫傷は深く両小指球あたりには未だ挫傷痕がクッキリ残ってます。挫傷程度で済んで良かったです。(^v^)

    下りを1合目まで1hr位、箱根6区並みのスピードで来ましたから脚に相当ダメージ来てたのかもですね!
    ブログネタにはなりましたが(;一_一)
    • by asa
    • 2015/08/20 7:41 PM
    コメントする