富士山 6・・・最終バスPM6:00(新富士駅行き)、分かっていても走れない

2016.09.10 Saturday

0

    9合目〜10合目(山頂)に辿り着くのに1時間半かかり(目安1hr)PM3:15到達、山頂での景色や火口をゆっくり観察する間もなく気が付くとPM3:30、登りきる事に全精力を傾けていたため下りのEgはもはや残っていないくらいに消耗している。

    *目安:ガイドブックなどに記されているルート所要時間

     

    しかも、新富士駅行きのバスは当初予定していた4:30は間に合うべくもなく最終はPM6:00、昨年の吉田ルート下りは弾丸下りできたが今回はとても走ることは不可能、と言うより普通下りも大変なくらいに体力が無い!

    無理もない、あれだけの高度障害に耐え登った肉体のEgはすでに枯渇状態でそう簡単にリカバリーしない。

    関連リンク:http://mountain-top.jugem.jp/?eid=87

     

    いずれにせよ、あと2,5hrで下りなければ最終バスに乗れない。登りに要した時間4,5hr(目安4hr)、下りの目安2hrだが富士山は私の場合、目安所要時間の1,5倍を考えておかないといけない。2000m以下の山ならコース所要時間の約半分から2/3くらいなのだが。

     

    日が西に傾きはじめ風は弱まったものの気温は下がりだす。肉体は登りで強風にさらされ続けたのと、頂上の6,5℃という低温で一気に冷え加えて低酸素、低圧、状況下なので酸欠に最も敏感な脳、筋系が機能低下して思うように体を動かせない。

     

    下りの最初は登坂に慣れ切った肉体が、少しでもスピードを上げようとすると脚がついて行けず、脳からの運動神経系への伝達もスムースでない感じで、身体の動きと脳がバラバラに働いている感覚。

     

    時間は刻一刻と経過するが、急がねばという思いはあっても歩のペースは上がらず、急ごうとするとゴロゴロした溶岩に脚を取られスリップし制動が効かないので転倒しそうになる。(下りで3回くらい転倒した!!)

     

    5時45分、やっと5合目が見えて来た。バス発車まであと15分、良かった...間に合った!と...................。

    5合目に着いたはずが、ない、ない、バスターミナルが!?

     

    そうでした、富士宮ルートは7合目が2つあるトリックに下りまでも騙されてしまったのです!!

    とするとここは間違いなくまだ6合目、時間PM5:50、あと10分で最終バス発車オーライ!

     

    もうだめだ、絶対に間に合わない、すでに体調不良で血の気は引いていたが更に血の気が引いて残された気力も引いて......!

     

    すると後ろからとてつもない勢いで駆け下りてくる外人のトレラン走者、おおお・・・救世主到来、あの木曾駒ヶ岳を思い出す間もなく、この外人と下りればひょっとするかもしれないという直感が沸き起こるや否や無意識にあれだけ消耗していた肉体になんでこんなPOWERが残っているのか?

    とビックリ( ゚Д゚)する勢いで外人トレラン走者をぴったりと追走!!

    関連リンク:http://mountain-top.jugem.jp/?eid=210

     

    同着で5合目GOAL~~~、

     

    そのままの勢いでバスターミナル停止中のバスに駆け込んだ!!

    時計、PM5:57、発車3分前、

     

    こんな顛末で今年の富士登山も無事楽しく終える事ができた。

     

    Thanks for everything that happens in life.

     

    下りの光景より

     

    PM5時過ぎ、何人もの登山者が登っていく

     

    2016,1,1 ダイヤモンド富士

     

     

                                                                日本三名山巡り 第2弾(丸)? 富士山 了

     

     

    special edition

     

    8/31帰りのバスより

     

    2016.1.1

     

    関連リンク:http://mountain-top.jugem.jp/?eid=236

    コメント
    読んでてハラハラしましたけど
    最後の方、トレラン走者と走る
    情景が浮かんできて
    なんか面白かったです( *´艸`)
    疲れきってたのに同着しちゃうとかすごい~♪
    バスに間に合ってよかったですね~
    v(´▽`*)

    ところでその外国人トレラン走者の方も慌ててバスに乗ったんですか!?
    • by おさるさん☆
    • 2016/09/11 1:34 AM
    @おさるさん☆
    救世主現る、もsuddenlyシリーズと同様、いろいろな出会いを
    楽しめたらと思います。熊さんとの出会いは避けたいですがσ^_^;

    この外人トレイルランナー、麓に奥さんが待っていて三島行き
    バスに乗って行きました!

    きっと彼も、いきなり日本人に追走されたのでお尻に火が点いた
    と思います。

    富士山はこんな微笑ましい光景を見てニッコリ微笑んでいた様でした(^_^)

    おさるさん☆に帰りのバスから撮った、ニッコリ微笑んでいた富士山を
    スペシャルエディションとして掲載します。( ´ ▽ ` )ノ
    • by asa
    • 2016/09/11 9:43 AM
    コメントする