Positiveな実を、実らせる・・・感性を磨く 24

2016.09.27 Tuesday

0

    あるところに、ネガティブな実がなる木がありました。

     

    この木を育てるネガティブな男は、少しでも大きく美味しい実を実らせようと毎日、毎日、妬み・僻み・嫉妬・憎悪というネガティブな肥料を与えては秋の収穫を楽しみにしていました。

     

    秋、いよいよ収穫期となり一年間ネガティブな肥料を与えて大切に育ててきた木の実を見ると、真っ黒なネガティブな実がたわわに実っていました。

     

    困り果てた男は、隣町の樹木医を呼び美味しい実を実らせる方法を学びました。

     

    そうしてこのネガティブな男は樹木医に教えてもらった喜び、愛、誠実、利他というポジティブな肥料を与え続けながら一年をかけネガティブな肥料がしみこんだ土壌をポジティブな肥料の土壌に入れ替えました。

     

    するとその秋、ポジティブな栄養をたくさん吸収し大きくたわわに実った美味しい実を収穫することができました。

     

     

    当然のことなのですがこれが因果であり、原因と結果の法則です。

     

    意識をnegativeに向け、想念や言動を働かせていれば当然収穫する実はnegativeな実です。

     

    一方、意識をpositiveに向け良心に沿った言動を成せば心は平安となりpositiveな実を収穫する事ができます。

     

    意識はEgの源なので、自分が向けた意識の方向からEg(元素)を引き寄せてそれを顕在化・現象化させます。

     

     

    何に意識を向けるのかは自身の意志(自由)ですが、conscious「意識がある」とconscience「良心」の語源が同じことから推察すると樹木医が使った肥料の謎が解けると思います。

    関連リンク:http://mountain-top.jugem.jp/?eid=372

     

    仙丈ケ岳で出会った木

     

    コメント
    ネガティブな実がなる木のお話
    わかりやすかったです♪
    納得~(*´ー`*)

    絵が進化してますね!!
    しかも、可愛い♪(*^.^*)
    • by おさるさん☆
    • 2016/09/28 7:43 AM
    @おさるさん☆
    「意識の向け方」、「意識の置き方」、
    に気を配りプログラミングしてください。(^_^)

    後はプログラミングした方向に
    自ら舵を切る(行動する)だけです。

    視覚からのインパクトが一番大きいので
    写真や絵には十分に気を配り掲載しています。(⌒▽⌒)
    • by asa
    • 2016/09/28 8:59 AM
    こりゃ山岳ルポライターとしてより、
    絵本作家としてのデビューが先かも知れませんね♪

    みんめい隊員も「浅倉先生の絵、上手だね♪」と言っております(~o~)/

    しかし仙丈ケ岳の木・・懐かしいですね!
    • by りんご探検隊長
    • 2016/09/28 7:03 PM
    @りんご探検隊長
    しょへい君(3歳)がよく遊びに来るので、
    一緒に遊んでいると子供の感性が蘇り
    子供が喜ぶものがよく分かる様になり
    ました。(^◇^)

    童心になって絵を描くと子供目線なの
    で、子供が興味を持つ様な絵になります。(^O^)

    其れが返って大人には新鮮に感じるの
    かも知れませんネ!

    仙丈ヶ岳、りんご夫妻と登ったのがもう
    遥か昔に感じますね。

    またサットバ登山しましょう。\(^o^)/
    • by asa
    • 2016/09/28 8:13 PM
    コメントする