荒島岳(1523.5m) 4・・・モチガ壁に救世主あらわる?

2016.10.08 Saturday

0

    モチガ壁手前、前荒島でふくらはぎの筋肉が激しく痙攣し少しでも脚を動かそうものなら肉離れしそうな勢い!!

    これを熱痙攣といい、塩分や電解質などを含まない飲料(私の場合は果糖入りジュース類)を摂取し過ぎた事により血中塩分濃度が急に下がることで発症する。(低張性脱水症)

     

    これはまずいぞ、もう高度も1300m近いし果たして頂上到達どころか下山できるかな?と不安が横切る。モチガ壁を上がれば標高差100m位で頂上、けど登りたくても脚を動かせない!!

    (;´Д`)💦💦

     

    モチガ壁手前、前荒島(1415m)

     

    その時、モチガ壁の上から賑やかな声が響いてくる。

    上をみると、駐車場にあったバスの団体(総勢30人くらい)が1人ずつ慎重にモチガ壁を下りてくるではないか!

     

    モチガ壁上に団体の人影が

     

    先導のガイドがまず下りて来て、そこに佇む私に歩み寄ってきて、団体がモチガ壁を下山するのを待ってくれているものと思い込んで丁重にお礼の言葉を掛けてきた。

    確かにモチガ壁はとても上り下りの2方向通行は出来ない急登でロープもかけられている。

     

    モチガ壁 大変急登

     

    これは幸いと、私も団体がモチガ壁を下山するのを待っているふりをして「ごゆっくりどうぞ」と答え、痙攣している筋肉のリカバリーを図るべくその場で自己治療とリハビリ!?を開始、その際を次々と下りてくる団体に「待ってくださってありがとうございます」と感謝までされ、まさか脚ツッテ停滞してますなんて口が裂けても言えない空気感が漂い、「全員下りるまで待ってくださっている親切な方」になりきり、下りてくる1人1人に笑顔で答えながら必死にリハビリを続けていた。(;'∀')

     

    約20分「待ちのリハビリ」でリカバリーし、恐る恐るであるがモチガ壁登頂START!!この壁の途中でまた痙攣したら大変だなぁ、と少なからず不安はよぎったが最早後戻りできない「クライマーズハイ」状態‼(゜-゜)

     

    中荒島(1420m)

     

    見事に最難関を突破し、その勢いのまま荒島岳山頂に到達した。🙌\(-o-)/

     

    荒島岳

     

    荒島岳山頂(1523.5m)

     

                                                                                             つづく

     

     

    コメント
    前回のブログで
    足が痙攣しちゃって
    その後どうしちゃったんだろ(・・;)
    と思ってたんですが
    親切に待つ人になり(笑)
    回復したんですね~(゜∇^d)!!

    asaさん、普段も優しそうですが、
    親切で待ってくれてる~と
    団体様に思われちゃったら、
    なかなか足がつって…とは言い出しにくいかも( *´艸`)
    何はともあれ痙攣が治って
    登頂できてよかったですね(*´ー`*)
    • by おさるさん☆
    • 2016/10/08 4:09 PM
    @おさるさん☆
    愛知県は南アルプス、北アルプスの名山いずれに行くにも遠く、車だとせいぜい中央アルプスの一部くらいで荒島岳も福井県なので太平洋側から日本海側に横断する感じ!^^;

    この日も2時間半くらいの睡眠、長距離移動、高温多湿の登山で、体調的にも大変でした。

    里山にも、良い山々いっぱいあり平日なら先ず人に会う事も稀ですから感性を高めるにはとても良いです。(^。^)

    ですが時にアルプスのダイナミックな山々に登りたい渇望もあり、またフラットと出掛けるかもです。(^ν^)
    • by asa
    • 2016/10/08 7:54 PM
    コメントする