南木曽岳の秋 4・・・下りからの秋

2016.10.23 Sunday

0

    約1hr、山座同定し意識の中で山々と遊ぶ。

    遠くに見える穂高連峰もこの日の5日前に麓で楽しんで来たばかりなので、その場の空間に意識を置くことは容易い。

     

    周囲の山々もヒトも種族が違うが同じ生命体、岩石も樹々も動物も自分とは異質の生命体だけでヒトと自然との間に優劣、序列、主従、二項対立もない。

     

    自然への畏敬と敬愛、共生の意識が「自然との循環」を円滑に、育む意識を拡大させる。

     

    山頂部から南木曽町

     

    山頂部から恵那山(2191m)

     

     

    下山道専用

     

     

     

     

     

     

     

     

    中央アルプス方面

     

    南方面

     

     

     

    下りも急勾配

     

     

     

     

     

     

                                南木曾岳 了

     

    コメント
    コメントする