give & giveと harmony・・・感性を磨く 28

2016.11.18 Friday

0

    give&take、与えられたければまず自ら与えよ、という考え方があります。つまり「欲するものを手に入れるためにまず与える」という見返りを求めるためのgive、

     

    帰路:穂高駅からの常念岳

     

    しかしよくよく考えてみると、私たちは日々、毎瞬与えられ続けている事に気づかされます。空気、水、熱、食べ物など地球・自然から地・水・火・風・空の五大元素(Egの元)が生み出されその恩恵を受け生かされています。

     

    地球・自然(大宇宙)の純粋意識(Egの源)は常に与え続ける事を自らが体現しながら人間(小宇宙)に教示している様にも感じます。

     

    穂高駅ホームから:L 燕岳 R 有明山

     

    Egは意識から生み出され、意識をgive(利他)に向けるのかtake(利己)に向けるのかは人それぞれ自由意志ですが、自然を観察すると意識の向け方がgive and give「何も求めず与え続ける事」が自然の循環の法則の様にも感じます。

     

    自然に入ると理屈でなく肌で感じながら(体感)、本質(真)を体験する事があります。

     

    浜名湖

     

    コメント
    見返りを求めるために与える、
    何かしてもらったら、お返しをしたいと思う
    人間関係においては
    give&takeな考え方をしやすいように思います(^^)

    あまり普段考えた事はないですが
    確かに自然においては
    give&giveなのかもしれませんね♪

    空気や水など
    あるものに感謝できるか、
    あたりまえと思うのか…

    人にしてもらって感謝できるか、
    あたりまえと思うのか…

    考え方ひとつで自分の生き方も変わる気がしますネ(*^.^*)

    「ありがとう♪」って
    言っても言われても
    いいギブん♪←ダメダコリャ
    • by おさるさん☆
    • 2016/11/26 4:25 PM
    @おさるさん☆
    日常において「与えられている」が当たり前の事なので、感謝が欠如しているかもしれませんね!

    パーソナルの事(利害)に関しては時に感謝したり恨んだり妬んだり、自分の利害に関係ない事には無関心、

    人間は利己的なので、意識がtake優位に向いているのだと思います。

    自然はエゴがないのでgive優位で、その中に入るとそのことを体験的に「giveの大切さ」を体感します。

    このような体験が生きる智慧となり、意識の方向性や在り方に気が付き修正していくようになります。

    難しい事でなく、「自然」を体験・観察し学べば「真実」を肌で感じます。(^o^)丿
    • by asa
    • 2016/11/27 11:49 AM
    コメントする