Change in the memory1

2017.02.01 Wednesday

0

     

    日常の些細な出来事や、勉強で暗記した事などはよく忘れてしまうのに、嫌なことなどは忘れよう、気にしないようにしてもなぜか心に残り忘れられなくなってしまう事があります。

     

    記憶は、記憶する時間によって短期記憶と長期記憶の2種類にわけられます。記憶はまず短期記憶の場として「海馬」という場に蓄えられ、覚えるべき情報だと判断されるとその情報は大脳皮質に送られて貯蔵されていく仕組みとなっています。

     

    また記憶の特徴として、「繰り返す事」や「繰り返し学習する事」は神経細胞の受容体スパインを大きくし記憶に定着しやすくし、「恐怖や不安、喜怒哀楽」など感情を伴う出来事などは扁桃体(感情に関係する脳部位)を活性化するので海馬への入力が高まり、神経細胞(neuron)同士の繋がりを強固にして長期記憶に残りやすくなります。

    例えば、怒りや悲しみなど感情が大きく動かされるような出来事や、繰り返し何度も経験したことなどは長期記憶化しやすくなります。

     

     

    良い記憶としての保存(長期記憶)であるならば問題ないのですが、日ごと繰り返されるストレスやネガティブな感情によって蓄積されていく長期記憶は、心身を疲弊させひどくなれば鬱や神経症などの精神疾患などの発症リスクも高くなります。

     

    記憶に関わるマウスの実験で、記憶を人為的に操作することで記憶をすり替える事に成功したそうです。

    実験ではオスのマウスをメスのマウスと同じケージ内においてデートさせて楽しい記憶(ポジティブな記憶)を作ります。

    その後このオスのマウスを拘束して動けなくさせ慢性的ストレス(ネガティブな記憶)を与えます。こうするとストレスでオスのマウスにうつ状態が発症します。

     

     

    このポジティブな記憶を保持している細胞群(デートの記憶のエングラム)とネガティブな記憶を保持する細胞群(拘束された記憶のエングラム)を特定(マーキング)しておき、ある波長の光をその細胞群(デートの記憶のエングラム)に照射するとその細胞群が発火してデートした時の記憶が感情と共によみがえる様に、細い光ファイバーをマウスの海馬(デートの記憶のエングラム)にセットし、うつ状態にしたマウスに光(デートの記憶のエングラム細胞群)を照射したところたちどころにうつ状態が解消されたそうです。

     

     

    要するに人為的に記憶を操作し、ネガティブな記憶をポジティブな記憶に変換させる事ができたというのです。

     

    マウスで成功した、ネガティブな記憶をポジティブな記憶に意図的に変換させる記憶操作で、うつ病、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、トラウマなどの心の病の治療に応用できないかを研究しているそうです。

     

    嫌な記憶ほど忘れにくいのは、強い感情を伴う記憶ほど扁桃体(感情に関わる脳部位)が活性化され、海馬への入力が増幅されるやすくなるために長期記憶として定着しやすくなるためです。

     

    先のマウスの実験のよう意図的に光ファイバーで特定の記憶だけを選択的できれば常にポジティブになれるのですが!

    ( ^ω^)・・・

     

    次回、ネガティブをポジティブに変化させる方法を考えてみたいと思います。

     

    お詫び:2/3発信したChange in the memory1を手違いで消去してしまったため、本ブログと差し替えました。

     

     

     

     

     

    コメント
    こんばんは(*´−`*)ノ

    なるほどね~φ(..)
    日照時間の短さがうつ病を引き起こす要因でもあるんですね…

    知り合いでうつ病の人がいますが
    やはり、朝日を浴びるように医者から言われているようです。それと、有酸素運動をするようになったようです

    asaさんの星空の絵、可愛いですねd(⌒ー⌒)!

    ライトの光でも対策になるんですね~φ(..)
    • by おさるさん☆
    • 2017/02/03 12:18 AM
    @おさるさん☆
    うつ病とまで行かないまでも、プチ鬱は結構
    のヒトにある様に感じます。(-.-)y-., o O

    お日様にあたる事、運動は誰しも大変に大切
    な事ですね〜(^O^)

    その点、アウトドアでの運動や登山、トレッキング
    なんかは理にかなってますよね ^_^

    ちなみに私は朝30分くらいは朝日を浴びる様にしています。
    おかげか?、心身健康かなり活動的になりました。\(^o^)/

    星空の絵は、アラスカのオーロラをイメージしました。
    ウサちゃっんのU君も可愛いでしょ!(⌒▽⌒)

    第2弾の絵も楽しみにしていてくださいね(^ー^)

    • by asa
    • 2017/02/03 1:10 AM
    こんばんは(*´−`*)ノ
    ページが開かないぞ~と思っていたら、消去になっちゃったんですね…
    アラスカとU君も消えちゃいましたか~

    記憶…とても興味深いです(^^)
    嫌な記憶はどうにか消すことができるのならば操作して忘れたいな~とも思うし、嫌な記憶から学ぶ事もあるから操作できないほうがいいのかな~とも思います

    でもPTSDなどのとても辛い記憶は心身に悪影響を及ぼすので、できれば忘れたいと思うでしょうね

    ネガティブからポジティブへ…
    どんな方法があるのかな~(^^)

    雪山デートのasaさん、楽しそうですね~( *´艸`)
    • by おさるさん☆
    • 2017/02/04 12:17 AM
    @おさるさん☆

    前ブログ、消去した"記憶がない"のに無いんです…?(記憶錯誤)
    本ブログのテーマの断片を自分でも体験しているわけです。
    (・・;)
    おさるさん☆にはせっかく前ブログにもコメントしていただいた
    にも関わらず半日近くの空白時間が生じてしまった事をお詫び
    するとともに、今回のコメントとともに前回分も再掲載させて
    いただきました。まことにありがとうございます。m(_ _)m

    記憶の操作、精神疾患やPTSDを患われている方には朗報かも
    しれませんが、果たして脳を意図的に操作してしまうというの
    は逆に利用(洗脳など)する事もできるわけで、遺伝子操作同様に
    踏み込んで良い領域といけない領域とが不明瞭に感じます。

    "心の領域"はsensitiveでdelicateですから!

    アラスカのオーロラ、ウサちゃっんのU君、また機会があれば
    登場してもらいますね(^_^)

    雪山デート♡の主人公、私では無いんですヨ(^ν^)



    • by asa
    • 2017/02/04 1:08 AM
    コメントする