楽しい気分にする方法2

2017.05.04 Thursday

0

     

    「苦みと」、「嫌悪」の顔の表情は上唇挙筋がともに収縮し酷似しています。

     

    「笑う門には福来る」、「一笑一若」、

    「笑いに勝る良薬なし」、「笑顔でいるとイイことがある」、

    「薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果がある」アンネ・フランク、

    『笑うものは命永し』ノルウェーのことわざ、

    『最も無駄な一日とは、一度も笑わなかった日のことである』

     セバスチャン・チャムフォート

    We shall never know all the good that a simple smile can do

    単なる笑顔であっても、私たちには想像できないほどの可能性があるのよ マザーテレサ

     

    『楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ』

     ウィリアム・ジェームズ

    日本の諺や、世界の格言にも笑顔の効用を言ったものは数多くあります。

     

    ウィリアム・ジェームズの「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」は、笑いの効用がもたらす生理学的なエヴィデンスを端的に言い表しています。

     

    人間の顔面の筋肉を表情筋といい、他の生物に比べても大変良く発達していて、表情はコミュニケーションの大切なツールでもあるし、心理や感情も良く映し出します。”顔は心の鏡”

     

    ドイツのミュンテ博士の論文によると、被験者に 箸を横にくわえさせる、箸を縦にくわえさせる、こうして顔面の表情を強制的に作ります。

     

    箸を縦にくわえる=強制的に沈鬱な表情をつくる

    箸を横にくわえる=口角が上がり強制的に笑顔をつくる、

     

    この時に脳内の変化をみると、「箸を横にくわえた時」にはドーパミン系の神経活動が変化することが見出されました。ドーパミンは快楽物質ともよばれ、楽しい事をしている時、目的を達成した時、ほめられた時、などに良く分泌します。ドーパミンが不足すると無気力になったり鬱になったりもします。

     

    「箸を横にくわた表情」と、「縦にくわえた表情」でマンガを読んでその面白さに得点を付けると、「横にくわえた時」の方が高得点になったそうです。

    また、楽しい感情を連想する単語と悲しい感情を連想する単語を羅列してどちらの感情に属するかを分類させるテストをすると、箸を横にくわえた時は「楽しい単語」を楽しい単語と判断するまでの時間が、「悲しい単語」と判断する時間より短くなりました。

    笑顔、死、成功、戦争、おいしい、痛み、などなど

     

    この事から「楽しいから笑顔になる」ことより、「笑顔をつくる」ことで脳は楽しいという反応をおこすということが分かったそうです。

     

    脳には「入力」と「出力」という機能的側面があります。

    「入力」とは身体感覚を感じる感覚脳で、「出力」とは身体の運動や行動に関わる運動脳です。脳が生まれてから5億年もの間、つい10万年前までの脳機能の主な役割は「感覚」と「運動」を媒介・変換する装置的役割でした。

    そこに言語や思考をする大脳新皮質系が発達してきました。

    関連リンク:フィードバックする

     

    脳の機能的側面から考察すると、脳は「出力」することで感覚や認知機能なども増大するようです。

     

    記憶するという事を例にとっても、参考書などで覚える(入力)より、問題集などをおこなう(出力)系の勉強方法の方が脳には定着しやすいとういうデータもあります。

    運動にも海馬などの神経細胞を活性化したり増やす効果があり、認知機能を向上させることもわかっています。

    関連リンク:出力からの勉強法

     

    顔面の表情筋の実験などからも、表情を作る(出力)を先行させればそれに見合う感情や心理状態(入力)を脳が作り出します。

    まず笑う(出力)ことでそれに見合う楽しい気分(入力)がフィードバックされてくるのです。

     

    『楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ』

     これは楽しい気分になる極意です。

     

     

     

     

     

     

     


     

    コメント
    こんばんは(o^−^o)
    脳のはたらきは面白いですね♪
    普通は、脳で感情を感じて、それと同時に顔の表情としてあらわれると思うんですが、その逆もアリなんですね。作り笑顔をすれば、感情が前向きになる♪
    笑いはいろんな効果があるようですし、毎日笑って過ごしたいですねo(^o^)o
    • by おさるさん☆
    • 2017/05/06 7:11 PM
    @おさるさん⭐

    楽しいから笑うも、笑うから楽しいも、脳に順番は関係ないのです。
    (^O^)

    人間は大脳皮質が旧脳以上に急速に発達し過ぎたがため、精神活動が過剰で思考が優位となりすぎて身体運動が二の次になっています。

    動物から進化した人間も、動く者がルーツなので身体運動・行動・表現の出力から行う方がより自然な本来の姿なのです。
    (^^)
    • by asa
    • 2017/05/06 10:19 PM
    コメントする