由布岳から鶴見岳へ3

2017.05.10 Wednesday

0

     

    合野越は正面登山口と西登山口が合流するポイントで、ここで今日初めて何人かの登山者にであった。

     

    由布岳へは正面登山口から登る人がほとんどで、バス停や駐車場もありアクセスがよい。

    私が登った西登山口は駐車場も無く由布駅から徒歩で20分以上歩くので地元の人には不便なのだろうが、合野越まで由布岳、飯盛ケ城を正面に眺めながら草原地のような山道歩きは快適そのもので、この登山道を選んだことはベストチョイスだったと思う。

     

    合野越から西峰と東峰の分岐となるマタエまでは九十九折の登山道となり眺望も良い。

    由布岳の最高峰は西峰(1583m)となるが、障子戸という岩壁をチェーン伝いによじ登るため高所恐怖症の人、子供、年配の方など遠慮する人も多い。大変危ない!

     

    今回の私のコンディションでの西峰登頂はとても無理と思われた為、東峰だけにしようと思って登って来たが、今朝まではあれ程までに痛かった刺すような坐骨神経痛が、マタエに到達するまでほとんど痛みを感じずとても不思議な感覚だった。まるで誰かが支えてくれている様で!

    ドーパミン全開状態!(^^)!

     

    そんな訳でマタエにザックをデポし、ジャケット、手袋を身に着けて西峰に取り付いた。

     

     

    合野越

     

     

     

    振り返ると登って来た西登山道と飯盛ケ城

     

     

     

    マタエ 西峰と東峰の分岐

     

     

     

     

     

     

     

    正面:西峰

     

     

     

    垂直に登高

     

     

     

    真横に水平移動

     

     

    西峰(1583.3m)到達 AM9:10

     

     

     

     

    西峰からの鶴見岳

     

     

    西峰から九重連山と祖母山(大分県と宮崎県の県境にある1,756mの山)

     

     

     

     

    九重連山は10数個の火山体が東西13km南北10kmの範囲に集まっている

    最高峰 中岳(1,791m)

     

     

    西峰からの眺め

     

     

     

     

     

     

     



     

     

    東峰

     

                                     つづく

     

    コメント
    ステキすぎる画像ありがとうございます。

    地球を楽しんでますね!

    僕も機会があれば先生方の様に色んな山を味わってみたいものです!!

    • by mana
    • 2017/05/11 8:08 AM
    @mana oji

    自分で言う のもおかしいですが、
    素敵すぎます(⌒▽⌒)由布岳、鶴見岳

    またごみ拾いしながら一緒に登りましょう、^ - ^
    • by asa
    • 2017/05/11 8:40 AM
    やっぱり鎖場怖いです(笑)
    • by みだい兄さん
    • 2017/05/11 9:53 AM
    @みだい兄さん

    兄さんの行く冬の季節は鎖場の岩場も凍り
    つくのでかなりスリリングでしょうねー(^^;;

    由布院、鶴乃湯教えていただきありがとうございます。(^O^)
    • by asa
    • 2017/05/11 12:59 PM
    ワタクシメも鎖場怖いっす(@◎@;)

    もしも・・万が一・・行くときには、
    画伯とみだいのお兄やんに命綱つないで貰います(>△<;)
    • by りんご探検隊長
    • 2017/05/12 7:06 PM
    @りんご探検隊長
    隊長も高所でしたよね〜 冷(^_^;)

    手足の4点がいずれも岩をとらえた状態からは、いずれか1点だけを動かすようにします。これを「3点確保(3点支持)」といい、岩登りの基本技術でクサリ場の登り下りも「3点確保(3点支持)」が基本です。クサリに頼りすぎ、両手でつかんで体重を預けてしまうと、かえってクサリに振られることがあり危険です。
    • by asa
    • 2017/05/12 9:17 PM
    コメントする