由布岳から鶴見岳へ7

2017.05.15 Monday

0

     

    由布岳から西南方面に大分県と宮崎県の県境あたりに祖母山(1,756m)という日本百名山がある。今日BSの日本百名山で祖母山が取り上げられていたがこの時期はアケボノツツジが綺麗だと言っていた。三重県鈴鹿山系では同じ仲間のツツジ科アカヤシオが自生している。祖母山、いつか登ってみたい。('◇')ゞ

     

    筋肉のけいれんは筋肉が自分の意志によらずに勝手に収縮(不随意収縮)してしまうもので、こむら返りは誰もが経験した事があるとは思うが、あの筋肉を引き裂かれる様な激痛は息が止まり声も出ないほど痛い、(>_<)イタイ

     

    筋肉の疲労が原因の場合、命令の伝達を行っている筋肉の内部にあるカルシウムやマグネシウムなどのバランスが乱れることによって、突然筋肉が収縮すると言われているのでとりあえずはスポーツドリンクなどで水分とミネラルを補給する事が大切!

     

    脚のケイレンで立ち止まってばかりいたら正午を過ぎてしまい、ここから山頂まで約1hrとするとPM2の🚌タイムリミットが迫っていた。足さえ大丈夫ならば多分40分以内で山頂に行く自信はあるが、もはや身体の限界が来ているのを感じ登る気力も失せかけていた。

     

    とりあえず、眺望の開けた場に簡易ビニールシートを敷き靴を脱いで身体を休ませてみる。そういえば、鶴見岳に入ってここまで誰とも会っていない。

     

    鶴見岳(1,375m)日本三百名山は、大分県別府市にある活火山で東側山麓の扇状地には別府温泉(別府八湯)が広がる。

    山頂へは、別府ロープウェイが別府高原駅(標高503m)から山頂の鶴見山上駅(標高1,300m)まで通じており、10分足らずで登ることができる。例年1月には、山頂で鶴見岳大寒がまん大会が開催されたり、4月は海抜0mから標高1,375mの山頂までの約12kmの道のりを幹線自動車道を通らずに登山するべっぷ鶴見岳一気登山大会が開催されるなど大分県のシンボル的、庶民的な山でもある。(^◇^)

    登山コースはロープウェイの西側、火男火売神社−鶴見岳が中心で私の登って来た鶴見岳西登山道はかなりマイナーなコース。

     

    しかもこの日はゴールデンウイーク明けの月曜日、由布岳以上の静寂さがこの山を包み込んでいた。

    本来、鶴見岳は日本一の湧出量を誇る別府温泉の源泉の活火山なので男性的でエネルギッシュな山のはずなのだが、何故かとても優しい。(*´▽`*)

     

    鶴見岳の優しい山懐に抱かれながらシートの上に横たわるとすっかり寝込んでしまった。(-。-)y-゜゜゜

    ふと、暑さで目を覚まし時計を見るとPM1:50、万事休す、今から山頂に登っても下山は4時近くになる。

     

    山で過ごせた貴重な時間は天下の別府温泉♨にも勝る、思い残すことは全くなく山頂は断念しPM2:00火男火売登山口に向け下山を開始した。ヽ(^。^)ノ

     

     

     

     

     

    祖母山(1756m)百名山

     

     

     

    鶴見岳 下山ルート変更

     

     

     

    鞍ヶ戸 熊本地震で崩落してしまった( ;∀;)

     

     

     

    南平台(1216m)

     

     

     

    由布岳(1583m) 200名山

     

     

     

    鶴見岳(1374.5m) 300名山

     

     

     

    別府湾 大分県中部に位置する国東半島と佐賀関半島に挟まれた湾

     

     

     

    志高湖

     

     

     

    九重連山(九州の屋根) 100名山

     

     

     

    火男火売神社(ほのおほのめ)方面

     

     

                                                                                つづく

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    僕は今まさに櫛形山山頂でレンジャーシート敷いて寝転んでます。
    畑仕事しなきゃならないため
    下山します。
    画伯!南平台には行かなかったのですね?
    次の機会にご一緒しましょう。
    • by みだい兄さん
    • 2017/05/16 7:57 AM
    @兄さん
    めっちや早い時間に登頂ですね櫛形山!

    兄さんの「暮れ恒例登山」で南平台イイよ、
    とオススメしてくれましたが登りは内転筋が
    つりまくり登れませんでした。(´;Д;`)

    今度機会あれば行きましょう!(^O^)
    • by asa
    • 2017/05/16 12:43 PM
    コメントする