肉体の大切さ6・・・意識・こころと脳の賦活(活性)

2017.06.07 Wednesday

0

     

    脳幹網様体の上行性網様体賦活系は、様々な感覚情報が刺激となり大脳皮質を覚醒、活性化させることですが

     

    反対に大脳皮質からの刺激(インパルス)が脳幹網様体を刺激して、再び大脳皮質へフィードバックさせて賦活(活性・覚醒)する経路もあります。

     

     

    白山「生命」

     

     

    簡単に言うと大脳皮質前頭連合野(思考、創造、精神活動の最高中枢)で、自分にとって興味があること、意識していること、思っていること、などの精神活動が選択的に脳幹網様体に送信され、脳幹網様体はその情報だけを選択的にピックアップし取り込む働きがあります。

     

    例えば脳幹網様体が、興味のあるものしか目や耳に入ってこないようにするなどして、必要でない情報をインプットしないようにガードする機能です。

     

    つまり、大脳皮質自体の精神活動が網様体を介して大脳皮質を賦活させるシステムです。

     

     

    白山「生命」

     

     

    このように脳幹網様体は、大脳皮質から選択した情報だけを取り込むことで反応・発奮し、再び大脳皮質へ投射させて大脳皮質への賦活(活性)を高めていきます。

     

    遠足や運動会の前日に興奮し、網様体賦活系によって大脳皮質が賦活(覚醒)して眠れなくなってしまうなどは、大脳皮質自体の精神活動が網様体を介して大脳皮質を賦活させるシステムの好例です。

     

    これは、顕在意識、潜在意識、心にあるものは、具現化・具象化しやすくなることへの、脳生理学的エビデンスでもあります。

     

    なぜなら、それらのことは脳幹網様体を経由し、強烈に大脳皮質に賦活されて行くからです。

     

    白山「繋がる」

     

     

    今回「肉体の大切さ・・・」で述べた、

     

    正しく感性を働かせることの大切さは、

     

    正しい感性が適切な判断力を生み出し、

     

    適切な判断力は迷いのない正しい意識の方向性に反映され、

     

    さらに正しい感性からの脳幹網様体への感覚入力は生命維持中枢である脳幹網様体を活性化させ、肉体の真の健康・増進となり、

     

    肉体の健康・健全性は心へ波及し、心の平安は生み出され、

     

    これが、意識・こころ・肉体の正の健全な循環作用となります。

     

     

     

    大脳皮質自体の精神活動が網様体を介して大脳皮質を賦活させるシステム

     

    http://www.asa2000.info/

    コメント
    こんばんは(o^−^o)

    今日の私の心は
    「心の平安」とは程遠く・・・
    物事を決めつけて言ってくる人に
    イライライライラ
    嫌味な事を言ってくる人に
    イライライライラ

    健全じゃないですね〜(^_^;)
    ごめんね、愚痴っちゃった〜〜〜(>_<)
    • by おさるさん☆
    • 2017/06/08 11:09 PM
    @おさるさん☆

    自身の意識の向け方が、どのような
    Egを引き寄せてくるかを決めます。

    その引き寄せられたEgの質が自分の
    心、感情、となって反映されます。

    感情や心の乱れを感じるのなら、
    それを引き寄せている自身の意識
    の在り方、向け方を客観し感じ、

    自分自身を理解し、
    ありのままの自分を愛する事が、

    他者を理解し愛することに、
    繋がるのだと思います。

    肉体の大切で、述べましたよう、
    肉体と心はセットです。

    心や感情の乱れを修復しようとするより、
    肉体のケアーや調整、運動をしたりし、
    肉体面からの健康増進に努めた方が
    心はコントロールしやすくなり、
    内面の回復は速いですよ!

    ご自愛ください。(^ν^)
    • by asa
    • 2017/06/09 12:14 AM
    コメントする