運動で脳を鍛える3

2017.06.27 Tuesday

0

     

    バランストレーニングは、体が不安定な体勢や、不安定な場におかれることで、その体勢を整え維持するために一層多くの運動神経や感覚神経を働かさなくてはならず、筋トレや安定した大勢、場などの運動に比べて運動による脳の活性度を一段と向上させます。

     

    バランスが良いとは一体どのような状態を言うのでしょうか?

     

     

    バランスは、支持基底面と重心との関係が大きく関わります。

     

    支持基底面とは、

    [沼を肩幅に開いて立っている時、両足の足底とその間の部分を合計した面積が支持基底面になります。

     

     

    ⊂鵝▲肇譽奪ングポールなどを使用した場合、両足と杖を結んだ合計の面積が支持基底面になります。

     

     

    重心とは、

    すべての物体には、地球の中心に向かう重力が作用しています。

    ヒトの重心は、安静立位の状態で第2仙骨前方の辺り(臍下)にあり、子供の場合は成人より少し上にあります。

    この位置を身体重心といいます。

     

    身体重心:上半身重心と下半身重心の中点(第2仙骨あたり)

     

    この事を踏まえ、バランスの良し悪しを考えてみます。

    (支持基底面・身体重心・バランスとの関係)

     

    バランスが良いとは「身体が安定している」状態と言えます。

     

    つまり「バランスが良い状態」とは、姿勢や体勢、動作や運動中に、支持基底面内に身体重心(線)があれば身体が安定し、バランスを保つことができます。

     

    身体重心線が支持基底面内、支持基底面内の中心ほど安定性は高くなる

     

     

    逆に姿勢や体勢、動作・運動中に支持基底面内から身体重心(線)が逸脱(外れる)すれば、身体は不安定となりバランスが崩れます。

     

    物を持ち上げる際も支持基底面内に持つ物を入れて持つ方が楽に持てる

     

    支持基底面内で持ち上げる方が楽に上げれる

     

    支持基底面外で持ち上げると身体負荷が大きくなる

     

    バランス能力は、体が不安定な体勢や不安定な場におかれるた時、速やかに身体重心を支持基底面内に戻し身体を安定させる能力

     

     

    または、歩く・走るなどの移動動作などで、支持基底面にある重心を支持基底面外に移動させる際などに、支持基底面から重心が逸脱(外れる)した時に速やかに新たな支持基底面内に重心線を作れる能力とも言えます。

     

    重心移動して新たな支持基底面を獲得し走る

     

    このように身体バランスを保つことは、安定した体勢・姿勢や場、筋トレなどでは培う事ができない脳・運動神経・感覚神経など多種多様な神経機能を瞬時かつ反射的に働かせねばならず、神経機構の中枢である脳も一層活性化するのです。

     

    四つ足運動(手足の協調運動/小脳)

     

    閉眼片足立ち:視覚からの情報が遮断すると平衡感覚は不安定になる

     

    体幹バランス運動(スタビリティー)

     

    ストレッチポールを使うバランス運動

     

    ボールを使うバランス運動

     

     

    究極のバランス運動:スラックライン

     

    asa健康教室で実施予定(7月〜) スラックライン

     

    究極のバランス運動:スラックラインとは

    スラックラインslacklining)とは、ベルト状のラインを利用したスポーツの一種で、簡単に言うと、綱渡り。テンションを張ったラインの上でバランス感覚や集中力などを鍛えることができる

     

     

    http://www.asa2000.info/

     

     

     

     

     

    コメント
    おおっ!スラックライン(^0^)
    碧南シティーでも割と盛んになって来てます♪

    さてはどんな稜線もクリアーするための、
    疑似トレーニングですね(^o-)b

    しかしクマはやっぱ迫力ありますね(^^;)
    • by りんご探検隊長
    • 2017/06/28 8:03 PM
    @りんご探検隊長
    さすがは最先端都市常夏碧南
    city、
    流行には敏感ですねぇ〜!
    (^3^)/

    これ、先日TVで特集していて、
    バランス運動=綱渡り=スラックラインという方程式が解けて、
    即買いしました。\(^^)/

    しかし設置が木に巻き付ける方法が一般的なので、それでは木を傷めてしまうため何とか室内設置しようと設置考案中です。

    秋頃には猿並みのバランスを獲得し野人化ていると思われます。(゜ロ゜)


    • by asa
    • 2017/06/28 8:32 PM
    コメントする