白馬岳8・・・白馬岳で出会った花々3

2017.09.12 Tuesday

0

     

    白馬岳の花々は嵐のような自然の厳しさにあっても、凛として、その輝くような存在をしめしていた。

    この輝く生命を見ていて、こんな詩が心に去来した。

     

     

    花のいのちはみじかくて

     

    苦しきことのみ多かれど

     

    風も吹くなり

     

    雲も光るなり

     

    林芙美子(はやし ふみこ:1903年〜1951年)

     

     

     

    花のいのちは結構ながくて

     

    生きてゐる幸福は


    あなたも知ってゐる


    私も知ってゐる

     

    風も吹くなり

     

    雲も光るなり

     

    生きとし生けるものの本当の幸福は、花であれ、人であれ、心澄ませばよく分かるはずなのに、何故あなたたちはわかろうとしないの?

    生き方次第で、花のいのちは短くもなり、長くもなり…。

     

    輝く生命たちを見ていて、フッと…こんなことを感じた。

     

    (花のいのちは結構長い)生保のCMとは何のかかわりもありません(^^♪

     

     

     

    クルマユリ(ユリ科)

     

     

    イワオウギ(マメ科) クリーム色

     

     

    ミヤマトリカブト(キンポウゲ科)

     

     

    ミソガワソウ(シソ科) 紫色

     

     

     

     

     

     

    オニシモツケ(バラ科)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    オオヒョウタンボク(スイカズラ科)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)

     

     

     

     

     

                       白馬岳シリーズ了

     

    http://www.asa2000.info/

    コメント
    こんばんは(*^^*)
    幸せは
    考え方次第、生き方次第、
    物事をどう捉えるか・・・
    で変わってきますね(^-^)

    たくさんの綺麗な花を、ありがとうございました。山の花は可憐な花がたくさんありますね♪とても癒されました\(^-^*)

    • by おさるさん☆
    • 2017/09/13 9:04 PM
    @おさるさん☆

    写真を通じ、花花が癒しに
    なった事を嬉しく思います。
    (^ー^)

    考え方や物事に対する捉え方で、幸にも不幸にもどちらに
    でもなりますよね。
    (^^)(T_T)

    自身が自然から学ぶことは、
    自然の循環や、自然の流れ、
    から逸脱せずに素直に生きて
    行く事なんです。
    ( ^∀^)
    • by asa
    • 2017/09/13 11:25 PM
    コメントする