体で覚える記憶法2

2017.10.25 Wednesday

0

     

    記憶をとどめておく(長期記憶)とは...

    海馬で覚えるべき情報であると判断されると情報は海馬から大脳皮質に送られ、

    その情報を記憶として大脳皮質に貯蔵します。

     

    記憶を大脳皮質に保存するには...

    海馬から記憶したい情報が神経細胞を通し電気信号として送信、

    その電気信号が大脳皮質の神経細胞を刺激し、

    刺激が強いほど多くのシナプスが組み合わされ伝達効率を増し、神経細胞間のネットワーク(神経網)も増大し、

    特定の回路(記憶する情報の回路)がつくられ、

    その回路が長時間にわたり大脳皮質に保持され、

    記憶を引き出す時は、その回路に電気信号が流れることで思い出します。

    これが海馬から大脳皮質に長期記憶として保管され、記憶を引き出すメカニズムです。

     

    効果的な記憶術は様々ありますが、長期記憶として大脳皮質に貯蔵する最も確実な方法は、脳生理的には「繰り返し覚えることが一番」という事が言えます。

    なぜならば「繰り返す」=「同じ情報が流れる」ことで神経細胞間のネットワーク(神経網)が増大し、

    受け取る側の神経細胞が大きくなる(神経細胞の樹状突起にあるスパインが大きくなる)ため神経細胞間の電気信号の伝導効率が大きくなり、

    その神経細胞(スパインが発達した神経細胞)は自然消滅しにくくなるために記憶が安定するからです。

     

    記憶する効果的方法に「ホムンクルス君」を利用する方法があります。(@_@)

    これはペンフィールドマップという体部位局在(大脳皮質のどの部位が身体のどこにつながっているか)を三次元モデル化(ホムンクルス君)で示したもので、「ホムンクルス君」に示された身体部位の大きさは、その部位を司る大脳皮質の面積に比例します。

     

    ホムンクルス君 (運動野)

     

     

    この「ホムンクルス君」を見ると「手指」や「口」が際立って大きい事が一目瞭然とわかります。

    つまり、「手指」や「口」と大脳とのつながりは大変に大きいという事を示しており、

    「記憶する」時もこの部位を使いながら覚えた方が脳の神経細胞をよりたくさん働かせることになるので記憶しやすくなります。

     

     

    ペンフィールドマップ

    参考文献:脳と心のしくみ 池谷裕二 新星出版社

     

    なので英単語などを憶える時なども、目で見て覚えるだけより、「手指を使って書き」、「口を動かし発声し」覚えた方が、より憶えられるのです。

    なお「手指を使って書き、口を動かしてしゃべる」時、前頭葉にある「ブローカ野」という脳部位も活性化します。

    今回は長期記憶の、頭で覚える(陳述記憶)についての説明でした。

     

    neuron


     

     

    関連ブログ記事

    ホルムズ君のペンフィールドマップ 

     

     

    次回、体で覚える手続き記憶(非陳述記憶)ついて説明します。

     

                         つづく

    コメント
    おはようございます(*^^*)
    お久しぶりです♪

    記憶力・・・
    息子と娘が学校のテスト勉強で覚えることが多いので、合理的に覚えれる方法はないかなぁ〜と思ってます( *´艸`)

    息子は覚えるときに声に出して言ったり、うろうろ歩きながら言ったりして覚えてる様子・・・
    娘は宿題ノートに少し書いて、あとは目で見てるだけかなぁ〜
    私はだいぶ記憶力落ちてます(>_<)
    覚えられな〜い!
    • by おさるさん☆
    • 2017/10/26 6:15 AM
    @おさるさん☆
    ご無沙汰です、コメありがとうございます^_^

    ストレス社会では、どしても脳内にストレス
    ホルモンが優位になるので、セロトニンなどの
    脳内を安定させるホルモン分泌も悪くなります。

    また長年のストレスは海馬を萎縮させ、記憶力
    が低下したり認知機能にも影響します。

    海馬を活性化させる1番の方法は足を使う運動、
    ウオーキングや軽いランニングなどの有酸素運動
    が効果的である事がわかっていますよ!

    最近、私も筋トレしてから週2〜3くらいの
    割合で50分ほどランして海馬も鍛えてます^ - ^
    • by asa
    • 2017/10/26 10:18 AM
    コメントする