<< 2018. 宝剣岳と千畳敷カール | main | 2018.ホワイトアウト >>
2018. 登り初め
0

     

    千畳敷カールはなだれの巣窟、単独登頂はなるべく避けたいのだが始発ロープウェイ(AM9しらびだいら発)が到着するまでにはまだ40分くらいあり、駒ケ岳山頂方向もガスもかかり始めて来たため8時30分千畳敷カール底部で撮影などをし、誰か来るのを待ちつつもご来光ツアーの登山者は既に先行出発していたため意を決し単独で千畳敷カールを木曾駒ヶ岳山頂に向け登り始めた。

     

    関連リンク:伊吹山(雪山登山)2・・・雪崩について

     

    積雪2mオーバー

     

     

    2016.10 上の写真と同所

     

    12/31は終日吹雪、新雪が降り積もった翌日は雪崩のリスクも高まるが第一陣がしっかりとトレースを付けてくれたおかげで大変歩き易く雪質もしまっていた。時々ツボ脚(アイゼン装着)で膝上くらいまで来る所もあったがワカンを付ける程では無く、トレース跡を慎重に歩けば難なく登高出来た。

     

     

    トレースのおかげで歩きやすい(._.)

     

     

     

    夏場でも大変な千畳敷カール八丁坂では先行の登山者も少し歩行しては立ち止まり、とうとう先行登山者(私の30分くらい前に出発していた5名)に追いつき道を空けていただいた。

     

    2015.6 残雪期の千畳敷カール八丁坂

    (アイスバーン状態で転倒したら下まで止まらない)

     

     

     

     

    振り返ると後発登山者1名

     

    私は高度障害が出やすく大体標高が2600m過ぎるとSPo2が80%を切り始めるのだがこの日は心拍は上がり息苦しさはあるものの、何かEgが全身から漲っている感じがして立ち止まる事も無く(撮影以外は)約50分ほどで千畳敷カールピーク乗越浄土に到達した。

     

    SPo2:

    酸素飽和度(SpO2)は、血液中の赤血球(Hb)がどの程度の酸素(HbO2) を運んでいるかを%で示したものだが、通常98〜99%。高度4000mで血中酸素飽和度(SpO2)平均的に80%を切り始め(個人差はある)、下界での(SpO2)80%は救急医療ではきわめて危険なレベルであり、3500mと言う高度と、SpO2が80%は高山病にかかるかかからないかの境界値となっている。3500mでSpO2が80%以上の値を示す者は体調が良いが、70%台以下の者は概して体調不良という。

     

    追い越させていただいた登山者が八丁坂を這いつくばる様に登ってくる

     

    乗越浄土

     

    つづく

     

    http://www.asa2000.info/

     

    | 山行 | 13:41 | comments(4) | - |
    Comment
    いーなー
    雪山行きたいなー
    | みだい兄さん | 2018/01/09 3:59 PM |
    @兄さん
    鳳凰三山もイイ感じのsnow fieldになってそうですね!

    南アルプスの雪山もいいなあ〜(^^)/
    | asa | 2018/01/09 7:39 PM |
    ワタクシメは暖かい部屋で・・・、
    温かい珈琲飲みながら・・・、
    画伯のアドベンチャーを・・・、
    今後も読ませて戴きます(笑)f^^;
    | りんご探検隊長 | 2018/01/09 7:41 PM |
    @りんご探検隊長
    そんな・・・隠居のお爺のようなこと言わないで、
    づらづら草のネタ探し、縦横無尽にお出掛けください(^O^)

    地球・自然、凄いっすよ(*´▽`*)
    | asa | 2018/01/09 8:10 PM |
    コメントする