藤原岳1 皆既月食の日、一年ぶりに.....

2018.02.02 Friday

0

     

    この日に行った藤原岳からの帰りの高速からは、まだ欠けて行く前の大きなお月さんが印象的だった。


    月が地球の影に完全に入り込む「皆既月食」など様々な現象が重なる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が2018年1月31日夜、35年ぶりに観測された。この現象は、約3年10か月ぶりに起きた皆既月食に加えて、月の距離が地球に最も近くなる「スーパームーン」と、1か月に2回の満月になる際の2回目の満月を指す「ブルームーン」が同時に起こることを指す。

     

    皆既月食は太陽、地球、月が一直線に並び、太陽からの光を地球が影となって遮るので月がその影に入り暗くなるが完全に真っ暗になり見えなくはならず、赤銅色に輝く神秘的な光景となる。これは、太陽の光が地球の近くを通る際に大気がレンズの役割を果たし屈折して、波長の長い赤い光だけが月まで届くためだそうだが、大気中のちりの量が少ないと明るいオレンジ色に、多いと黒っぽくなるそうだ。

     

     

    2018.1.31 PM9:57  皆既月食(於:豊橋市)

     

     

    アーユルヴェーダ(インド伝統医学)の考え方では大宇宙(太陽や月などの天体)と小宇宙(人体)は、フラクタル構造(何らかの意味で全体と部分とが相似であることをさす)からなっているとされ、天体と人体は密接につながり影響しあっていると定義つけられている。人体のドーシャのバランスにも天体は影響を与えているとされる。

     

    体、こころ、の動きの基礎には三種類のエネルギーが存在していて、体の基礎となるエネルギーをドーシャ、心の基礎となるエネルギーをグナという。ドーシャとグナにはそれぞれ3種類のエネルギーが存在していて、それぞれトリドーシャ、トリグナと総称する。

     

    アーユルヴェーダでは、人にはそれぞれ決まった体質があり、それは3つの種類に分けられると考えられていて、その体質によってバランスを崩しやすいドーシャというのが決まっている。

     

    月は「水」の性質をもっていて、カパ(水エネルギー)を増やすとともに、グナではタマスも増大させる。(下の図)

    例えばヘチマなどは満月に一番ヘチマ水が採れ、満月には一番出産が多くなる事や、満月や新月では精神異常や犯罪が多くなるとも言われる。

     

    また、新月から満月にかけて人はエネルギーを蓄える力を持ち、満月から新月にかけてはエネルギーを放出する力を持つデトックスの時期だと言われている。

     

     

    体のドーシャの性質と作用

    体のドーシャ エネルギー 構成五大元素 性質 作用
    ヴァータ

    風のエネルギー

    運動エネルギー

    風・空

    速さ、軽さ、動き、冷たさ、乾燥

    運動;体内物質の移動

    異化作用

    ピッタ

    火のエネルギー

    変換エネルギー

    火・水 熱さ、鋭さ、軽さ

    代謝;エネルギー変換

    消化作用

    カパ

    水のエネルギー

    結合エネルギー

    水・地 重さ、安定、冷たさ、粘着

    構造;組織・細胞の維持

    同化作用

     

     

    ドーシャについての関連ブログ:

    人生の創造(The creation of a happy life)1・・・アーユルヴェーダの考え方

     

     

    「サットヴァ」「ラジャス」「タマス」といいトリグナ(心の性質)とも言う。

     

    トリグナ(心のEG) 性質
    サットヴァ 純粋性、静的原理、光、至福
    ラジャス 動性、動的原理、熱、喜怒哀楽、発散
    タマス 惰性、停滞的原理、無知、無気力、迷妄、闇

     

     

    トリグナについてにの関連ブログ:

    人生の創造(The creation of a happy life)2・・・アーユルヴェーダの考え方

     

     

     

    藤原岳 1,144m  鈴鹿山脈北部 日本三百名山 花の百名山 鈴鹿セブンマウンテン

     

     

    大貝戸駐車場も積雪

     

     

    大貝戸登山口

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    つづく

     

    http://www.asa2000.info/

     

    コメント
    コメントする