おでんしゃ

2016.01.15 Friday

0
    豊橋鉄道の市電は、この時期になると「おでんしゃ」と言っておでんをつまみに生ビールを飲みながら市内を周回する市電が走る。


    行程:駅前⇒運動公園前(トイレ休憩)⇒駅前 [往復 約1時間20分
    運転期間は平成27年11月13日(金)〜H28年2月28日までで毎日予約制で運行している。
    個人申し込みだと飲食代込みで3,800円、で貸し切りだと108,000円だそうだ。

    豊橋鉄道市電




    JR東日本は2017年春運行開始の超豪華寝台クルーズトレイン「トランスイート 四季島」の概要を発表した。
    客室はすべてスイートで、展望車、ラウンジ、ダイニングスペースを備え10両編成、定員は34名のみで最大料金60万円だそうだ。
    周遊プランは「上野駅」発着で、東北、北海道の文化や自然に触れる1泊2日〜3泊4日の3コース。

    今や、輸送・移動手段としての鉄道だけでなく、列車に乗ることや鉄道自体が主役となる風潮が増して来ている。

    茅野駅 特急あずさ


    豊橋駅 N700系


    新富士駅 700系


    名鉄1200系 新型パノラマスーパー


    名鉄2000系 ミュースカイ


    名鉄3300系 徳川家康公顕彰四百年記念事業ラッピング電車


    茅野駅 C12 67 (S 8年 日立製作所製造 全長11.35m  重量49t  馬力520馬力 走行距離1,588,699,8km